憑依体質 ・1

2018–08–31 (Fri) 15:50
憑依体質というのはスピリチュアルや霊能に関心のある人なら聞いたことがあるのではないだろうか。
文字通り他の霊に憑依―取り憑かれることである。
憑依とまではいかなくても邪気をつけたり乗られたりすることがあるが、これはすぐ落ちるので憑依まではいかない。

占い稼業をやっている人にはこの体質の人が多い。
自覚しているのでブロックしたり防御の方法を皆持っているが、それでも時にはお客さんが残していったものに乗られたりチャネリングで繋がると直に入ってくることもある。

私の友人の占い師はかなり能力がある人だが同時に憑依体質なので、一度彼女が憑依された瞬間居合わせたことがあって驚いた。
顔が変わって何を言ってももう聞く耳を持たないのでこれはおかしいと思った。
本人に聞くと何度もあるそうでそうなるともう自分でも制御が利かなくなるそうだ。
きっかけと相手が判っている場合が多く、喧嘩になるとその時に相手に憑いているものが入ってきて、声を荒げ物に当たる時もあるらしい。

彼女の場合は生きている人間の想念を拾い憑依状態になるようだが、死霊生霊問わず乗られるので、このような人は日常が大変だと思う。
私の前でなった時もかなり長い間その状態だったが、話したことはあまり覚えていないと言っていた。
一見普通なので周りは気が付かないが、案外瞬間的に邪気を受けたり乗られる人は多いのではないかと思う。
よく顔付きが変わっていたとか別人のようだったという時は、一時的な憑依を疑った方がいいかもしれない。

大抵はどこかで憑いても入浴したり眠ったりすると簡単な邪気は落ちる。
人の強い思念が生霊のように憑いても、時間が経てば取れるのが大半だ。
厄介なのは人の憎悪や恨みや執着に悪霊や家系的な因縁がシンクロする時で、これは本人のネガティブな念を増幅させる。
一見生霊を飛ばされたと思っても、実は飛ばしている本人自身が憑依されている場合がある。
だから元を除霊すると飛ばされた方も飛ばした方も楽になることがあるようだ。

一番恐ろしいのは一時的な憑依ではなく、長い間かかって殆ど本人と同一化している憑依だという。
小さい頃から何かが入り何十年も一緒に重なっているので、もはや憑依と呼べないような状態になっている人もいる。
このケースについては次の記事で書いてみたい。



dc0cc80b3947e819c3f520c77c375ad6_s.jpg




縁結び・縁切り

2018–07–23 (Mon) 16:02
私は神社仏閣巡りが趣味だが最近は若い参拝客も多い。
特に若い女性は縁結びのご利益を求めてくるようだが、中には縁切りのために参る人もいる。
縁結びで有名な神社と縁切りで有名な神社では、雰囲気も違い奉納された絵馬の内容も当たり前だが正反対だ。

若いカップルが二人で縁結びを願い参拝するのは微笑ましいが、実はこの縁結びの願掛けは少々怖いものがある。
二人で一緒に縁を結ぶ願を掛けると、万が一うまく行かなくなり別れたいと思っても神仏に願を掛けて結んでしまった縁はまた切らない限り残る可能性があるからだ。
結婚した夫婦や結婚を約束している場合ならいざ知らず、たまたま付き合うことになって安易に縁結びを願うと事情が変わった時に厄介なことになる。

ある観光スポットでカップルが互いの名前を書いて南京錠を掛ける縁結びの願掛けの場所があり、おびただしい南京錠がかかっていたが、それを見た時に私はなぜかある種の怖さを感じた。
この錠をかけた人達はその後どうなったのだろうかと。
勿論結婚して幸せになっている人が多いだろうが、そうでない場合お互いを呪縛する依り代になってしまうのではないかと。
別れる時は錠を外しに行った方がいいと何かの記事で読んだことがあったが、その通りだと思う。
神社仏閣で特定の相手とお互いに縁を結ぶ願をかけたのなら、別れる時はその縁を切ってもらった方がよい。
神仏に何か願い事をして成就したらお礼参りに行くのは筋だし、縁を結んでもらって駄目になったら切ってもらうのも筋だ。

縁結びはいいことなので誰でも軽い気持ちで願う。
恋愛や結婚でいい相手との縁が出来るとか、仕事、人間関係といった決まった相手ではないものに対しての縁結び祈願なら構わないが、カップル二人で縁結びの願を掛けるならくれぐれもその後のことも考えて慎重にした方がいいような気がする。

一方縁切り寺や神社は、悪縁を切りたい人達だから深刻度が違う。
ストーカーやDV相手、色情因縁を切りたいというのが大半でそれは同時に相手の執着や生霊を断ち切る事でもあるので、魂の救済という意味では神仏は動いてくれると思う。
中には不倫相手の妻が離婚してくれますようになどという見当違いの縁切りもあるが、そういう場合は自分に返って来るのであくまで自分にとって良くない縁を切るようにお願いするのが縁切り願掛けだ。
縁切り寺社は悪縁を断ってから良縁をもたらしてくれるそうだから、一度身の回りをすっきりさせたい人はいらない縁を切ってもらい良縁を呼ぶために縁切り寺や神社へ参るのがいいだろう。

単にいい縁がほしい、恋愛や結婚がしたいという願望だけで縁結び神社へ行くより、知らずに結んでいる悪縁を切ってもらった方が新しい縁も来やすくなる。
よくスマホの住所録を整理すると新しい人が入って来るというが、縁も同じかもしれない。

いずれにしても円満な別れでない場合は、次の恋愛のためにも縁切り寺や神社へ行ってこれまでの相手との縁をきれいに切ってもらった方がよいと思う。


DSC_2470.jpg DSC_2499.jpg






魔除け・邪気払いの方法

2018–06–23 (Sat) 15:37
霊の存在を信じる信じないにかかわらず誰でも邪気というネガティブな念や浮遊している霊やエネルギー体の影響を受けている。
それが強力になると邪霊、生霊、死霊など厄介なものになるが、たまたまその時だけ受けてしまったり憑いてしまったものなら自分でも払ったり落としたりすることは出来る。
また、憑かれる前に魔除けと言ってそれらをブロックする方法もあるので書いてみたい。

案外全くそんなことは信じない人でも本能的に魔除け邪気払いを日常生活の中でしている。
私はスピリチュアルに覚醒する少し前からなぜかマニュキュアやアクセサリー、香水が好きになって外出の時は必ずするようになった。
後にこれらはすべて古代から魔除けとして使われていたものだと知り驚いたものだ。
もっと前には生霊に取り憑かれていた数年間は毎日のように温泉に行って浸かりサウナと水風呂を繰り返して実に二時間近くも修行僧のようなことをやっていた。
当然体にはよくなくて病を得て一切やめてしまったが、思えばあれは生霊邪気払いをしていたのかもしれない。
また何年か前は突然お香に凝り出して毎日部屋で炊いたことがあったが、思えばこの頃も強い邪気を受けていた時期だったような気がする。
そんなわけで案外後から考えたら知らずに自分で魔除け邪気払いをしていたということがあるようだ。

以下に魔除け邪気払いの方法をいくつか挙げておく。
簡単なものならこれで防げたり落せたりする。

魔除け
・お香、香水などいい香りのするものをつける。
・女性ならマニュキュア、アイシャドウ、ネックレス、ブレスレットなど、特にアクセサリーは光るものを付ける。
・魔除け効果のあるパワーストーンを付ける。
・小さいハサミや刃物を携帯する。
・手や足を組む。(文字通り身体をガードすることになる)
・お守りやその代わりをしてくれると信じるものを身に着ける。
・神社仏閣のお札を貼る。

邪気払い
・部屋の喚気をする。
・お香を焚く。
・柏手を打つ。
・運動をしたり大声を出す。(カラオケも良い)
・酒風呂や塩風呂に入る。
・眠る。(やたら眠いのは邪気が憑いている場合があり大抵は眠ると落ちる)
・神社仏閣へ参拝する。
・お勧めできないが怪我や手術。(メスを入れる事はカルマ落とし)

邪気を受けたら何となく気が付く。
身体が重くなったりイライラしたり、頭、首、肩が痛くなったり腰に来る場合もある。
とにかく原因不明の体の不調や違和感、メンタルの不安定や不眠、睡眠障害などは邪気を受けている可能性がある。
一時のものなら上の方法で取れたり数日で離れていくだろう。
しかし、それ以上続いたり絶対におかしいと思ったらそれは生霊や悪霊が付いている場合もあるので専門家に取ってもらうしかないが、一番大事なのは自分がそれを引き寄せるメンタリティーを持っていたり脇の甘さや優しさがあってそれによって引き寄せているというのを自覚することだ。
人生を変えてしまうような強力な邪気や執着する生霊に憑かれたら、いくら術者に落としてもらっても自分が変わらない限りまた来るしそれの繰り返しになる。
毅然として絶対にブロックするという本人の覚悟が不可欠だ。

大方の人は邪気が憑いても気が付かないうちに落ちているし、いつも何かしら憑けているのが普通だ。
しかしどこか変だという直観があったら、そちらに目を向けてみるのも一つの方法だと思う





恋愛と生霊

2018–06–19 (Tue) 16:53
恋愛エネルギー交換だ。
お互い同じ波動と霊格の高さを持ちいいエネルギー交換が出来れば高め合っていける。
仲のいい夫婦が長年一緒にいると雰囲気や顔まで似てくるのはそのせいだ。
これが釣り合いが取れなかったりあまりにも高さや種類が違ってくると、一方がエネルギ-を吸われるだけになったり逆に悪しきエネルギーを注入されたりする。
恋愛ではすでにコードが繋がっているから、そのパイプを通って波動や念も繋がる。

物理的な接触が一番ダイレクトなエネルギー交換だが、離れていても電話やメール、あるいは思っただけで気脈は通じる。
好きという感情は念としてはかなり強く嫉妬や憎悪と同様生霊になって相手に飛ぶ場合がある。
相手の幸せや相手の立場を思いやる「愛」では高次のエネルギーとなるが、相手にお構いなく好きだ、独占したいというエゴが主となる感情は執着になりしばしば生霊になって飛ぶ。

一番厄介なのはストーカーで相手の方は知らなくても四六時中監視して考えているのでその執着たるや強烈だ。
物の怪のような生霊になって相手の体をぐるぐる巻きにしてしまう。
ストーカーになる人間は最早相手と接触しなくても自分の執念という強力なエネルギーを飛ばし続けるから、相手の方も普通の精神状態ではなくなってしまう。
大抵ストーカーされた方もした方も無傷ではいられない。

ストーカーまでならなくても恋愛が終わる時には大なり小なり交換したエネルギーの清算が必要になる。
相手の執着が強いと生霊となって取り憑き、DVの恋愛などは逃げ出そうと思っても加害者の執着が強く接触を持ったりメールを見ただけでもパイプが繋がるし、相手に恐怖を感じただけで生霊が飛んでくる。
相手の事を気にするというのは閉じていたパイプを開けるという事なので、ストーカーがメールを送り付けるとそれを見て相手の事を考えてしまいいつまでも繋がって生霊を送られる訳だ。

私も実は長い間生霊に乗られていて大変な目にあった。
生霊が乗ると首や肩が痛くなったり常に凝って重たくなる。
夜も眠れなくなって何度も目が覚め気分が塞ぎ鬱状態になる。
仕事や人間関係もうまく行かなくなって運気が下がり、メンタルも体も不調になった。
最後には私もおかしいと分かって霊能者に見てもらったら強力な生霊に乗られていた。
私は相手が分かっていて、自分からパイプを繋げてしまったところがあったので後から考えたら呼び込んでしまった部分があったと思う。

私の場合は複雑な事情があったが、愛憎という言葉通り愛と憎しみは最強の執着で生霊になりやすい。
一方的に生霊を飛ばされるのはかなわないが、大抵は飛ばされる方にも知らずにパイプを繋げてしまったことがあったりして、結局はそれも人生でクリアしなければならない課題だったのかもしれない。

もし生霊に憑かれていると思った場合は相手に貰った物は念が入っているので一切処分し、特に髪は念が付きやすいので注意をした方がよい。
しばしば別れた相手の髪の毛が部屋に落ちていたりすることがあるが、それは生霊を飛ばされている可能性がある。
失恋したり別れたら髪を切ってさっぱりするというのはとても理にかなっているのだ。

死霊より生霊が怖いと言うがその通りで、取り憑かれると洗脳状態にまでなってしまう。
特に恋愛絡みは好きや嫉妬という気持ちが執着になるので生霊が飛びやすい。
恋愛エネルギー交換でお互いの思念をエネルギーと一緒に送るので、付き合う前に相手をよく見極め執着が強かったり精神状態が不安定な人は避けた方がよいだろう。




 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR