ケチって火炎瓶

2018–08–29 (Wed) 17:27
今日はスピブログにふさわしくない表題だが、「ケチって火炎瓶」とは今ツイーターでトレンドに入っているタグだ。
テレビ、新聞しか見ない人は知らないだろうが、安倍総理がかつて山口組系のやくざに選挙妨害を依頼し謝礼の500万円を200万円ケチって300万円しか払わなかったので、怒ったやくざが安倍事務所に火炎瓶を投げ込んだという事件から来ている。

先の国会で山本太郎議員が内閣委員会で安倍総理にこのことを正した際「事件は決着して私は被害者だ」と早口で原稿を読んだが、依頼したのは総理でやくざと関係ある人が総理なのはおかしいと突っ込まれていた。
事実なのでさすがに「私は関係ありません!」とムキにもなれず他人事のようにしていたが、裁判記録までは改竄出来ないので事実は認めるしかなかったようだ。
しかし、凄まじい箝口令を敷いているのでマスコミは一切緘黙している。
その代わりネットまでは規制できずツイッターのトレンドに上がってきたのだ。

もう事の是非を論じる次元ではないが、芸能界でも暴力団と一緒に写真に写っただけで大問題になり休業、引退など社会的制裁を受けるが、総理大臣は臆面もなく三選を目指している。

テレビと新聞しか見ない政治に無関心な人達は「ケチって火炎瓶」が何かも知らない。
最近Twitter界のカリスマのような83歳の老婦人がいてテレビやマスメディアにも取り上げられているが、彼女は高齢者の情弱ぶりをツイートしそういう無知が政治を間違った方向に向かわせると切り捨てていた。
戦争経験者で今の日本の世情に危惧を覚えているから発信できることだが、現在は若者も含めて自分で情報を集めなければ何一つ真実は判らない。
真実を知って初めてどれだけ悪辣な情報操作が行われていたか空恐ろしさを覚えるだろうが、中にはそれすら知りたくないという一般市民もいる。
スピリチュアル界もそういう人は多く善悪などジャッジ出来ないというが、今の世に生きている人間なのだから社会の正義も倫理も善悪も現実的に判断しなければならないと私は思っている。

安倍政権をブログでも批判してきたが、スピ的に見ると安倍晋三という人物には祖父の岸信介と戦犯の怨霊が重なって魔物のように乗り、それに私利私欲しかない亡者の集合意識が結界を張っているので、どれだけまともな人間が彼を糾弾しようとしても跳ね返され下手をしたら逆にやられてしまうのが現状だと思う。
これほど人々の批判の念を受けてもびくともしないのは、彼自身の良心のない鉄板のメンタルとそれを幾重にも取り巻く禍々しい死霊生霊の負の想念が守っているからだ。

「今だけ金だけ自分だけ」が教義の安倍真理教の洗脳は凄絶だ。
正義も倫理もなくなった政治家や官僚、そして右倣えの国民を見るのは本当に情けない。


74d0bc58b9f1c507ced1fe608726bf67_s.jpg





東京オリンピックのデジャブ

2018–08–21 (Tue) 16:08
東京オリンピックが迫ってきたが、マラソンのためにサマータイムを導入するとか、学生にボランティアをさせるために学校を休校にするとか、果ては冷房の代わりに打ち水をするとか、政権が狂えば国民も狂うという図式を見せられてれているようで眩暈がしてくる。
そもそも当時の安倍政権が賄賂をばら撒いて持って来たオリンピックだ。
設計段階で躓きシンボルマークで躓き東京オリンピックは呪われているのではないかと思うくらいだ。
福島原発事故の放射能はアンダーコントロールと安倍総理が世界に大嘘をついた時点で何かに背いたように感じる。

私は当初から東京オリンピックは実現出来ないのではないだろうかと何となく感じていたが、今の日本の凄まじい闇の力を考えるとどんな犠牲を払って強行されるかもしれない。
オリンピックまで何としても儲かればいいのであって、結果などどうでもいい欲の亡者達のどす黒い執念を感じる。

あれだけ足元がぐらつきながらも何をやっても悪運強く居座って三選(自分のために二選までの制度を変えた)しそうな安倍総理だが、彼が総理をやっている間に日本は取り返しのつかないことになるのは目に見えている。
止めようと一部のまだ洗脳されていない国民が頑張ってはいるが、最早戦時中の赤狩り同様どんな手を使っても口を封じられる。
先日も安倍総理が以前暴力団に選挙妨害を依頼していた件をずっと調べて告発しているジャーナリストが新宿で襲われ大怪我をした。
命あっただけましだろうが警告とも取れる。
安倍総理に都合の悪いことはゲシュタポがいて必ず潰すから、もう誰も怖くて糾弾出来ないわけだ。

自民党の総裁選があって石破茂氏が唯一出馬するが、その前に対抗馬と目された人達は醜聞を暴露されたり半分脅しの懐柔で断念を余儀なくされている。
反安倍の国民の中で安倍三選ぐらいなら石破氏の方がいいという流れもあるが、その悲しいまでの消去法しかないのが今の日本だ。
石破氏は軍事オタクで改憲派でバリバリの右派だが、安倍総理より良い点は慶応出で知性があり理論派で何よりまともな質疑応答が出来る事だそうで、そんな当たり前の事が評価されるハードルの低さだ。

かつての私なら好戦的な石破氏など論外だったが、最低限の政治家としての知性と常識を備えているだけましと思わざるを得ない日本の政治の劣化に我ながら呆れている。
公然と石破氏を支持した者は冷遇すると言っている安倍総理に疑問も持たない自民党は、カルト安倍真理教に洗脳されている。
安倍教祖が白と言えば黒も白なのが今の自民党だ。
総裁選もあの手この手で不正の末安倍三選の出来レースだろう。

東京オリンピックはその狂った安倍政権の集大成だ。
かつてナチスは国威発揚のためにベルリンオリンピックを大々的に利用した。
この成り行きに、デジャブを感じているのは私だけだろうか。


0e2bc9fa0938507dfd7f6192bb2ab7b9_s.jpg





安倍真理教の罪

2018–07–09 (Mon) 16:53
安倍真理教」という名称を使った野党議員の安倍政権への批判がツイッターで炎上している。
この言葉は以前からネット上で散見され、私も前記事でもその前に安倍政権について書いた記事でも使っている。
教祖が唯一無二の存在で、幹部以下信者は皆マインドコントロール状態にあるなら真理教と言われても仕方がないだろう。
反対する者達に激しく抵抗し排除するのも特徴で、いわゆる安倍シンパやネトウヨと言われる信者達の中には、自民党からのアルバイト代を貰ってネット上の安倍批判封じ込めに全力投球している信徒もいる。
オウムのように拉致や殺害まで起こさないのはまだ救いだが。

今回の西日本豪雨でオウム真理教教祖以下7名の死刑が豪雨の最中実況中継で行われ、テレビはそれ一色で占拠された。
前日にあろうことか当事者の安倍総理、上川法相、それに豪雨の自衛隊出動には欠かせない小野寺防衛相まで「イェーイ」宴会を開いていたのは前記事で述べた。
因みに親指を立てて皆がポーズを取っていたが、これは刑務所では死刑囚を表すサインで、執行ボタンを押す時に刑務官が親指で押す手の形から来ているそうである。
ボタンを押す刑務官は3人と決まっており、誰が手を下したかわからないようにするためだ。
死刑囚とはいえ人の命を自らの手で断つことは、一生トラウマとして残るのを配慮してのことだ。
そこまで死刑でも人の命を人が奪うことは、激しい良心の葛藤や悲壮な覚悟がいる。
しかし今回は7人いっぺんにリアルタイム中継という形にした上、執行のサインをした法相とそれをさせた上司は前祝いよろしく宴に興じていた。
その神経は度し難い。
偶然にも親指を上げるポーズは、悪魔のいたずらとしか思えなかった。

この時すでに九州では豪雨被害が出ていたし、翌日の執行時はもう災害が大規模で起こっていた。
しかしオウム死刑でテレビは独占され、災害の情報は伝えられず刻一刻と被害は増大して行った。
もしあの時もっとテレビやラジオがオウムではなく危機を呼びかけ状況を伝える中継をしていたら、今回犠牲者の数はもっと少なかったろう。
翌日も酔眼朦朧のような顔で緊急被害対策本部を設置するでもなく、ちょっとテレビの前に現れただけで安倍総理は私邸に帰ってしまった。
西日本の各地で屋根まで水に浸かり、津波の時のように屋根の上で助けを求める人達が何度も映し出されているのにだ。

まるで311の津波被害のような状況が各地で起こって地獄絵図さながらの映像が繰り返し映っても官邸の対策は遅く、今日になったらテレビは殆ど通常運転に戻っている。
安倍総理はちょっと顔を出して指示していますの絵を取らせるとすぐ引っ込んでしまう。
311の原発事故の時に民主党の菅総理が爆発の直後命の危険を顧みずヘリで原発に飛んで、逃げ出そうとする東電職員を怒鳴りつけて逃亡を阻止したが、それでも自民党も国民も批判していた。
菅総理はまともな総理で国民を身体を張って助けたのだと今なら分かるだろう。
東電職員が逃げ出していたら日本はどうなっていたかわからない。
同じ事を今の安倍総理ならやるだろうか?

安倍総理以下官邸が当たり前の対応をして国民を守るために最初から最大限の事をしていたら、今回失わずに済んだ命は少なくないだろう。
私はオウム真理教の教祖と幹部7人が一度に処刑されたのが、日本の運命の別れ目のような気がする。
安倍真理教がオウム真理教を殲滅したのだが、それは見えない世界の節目を意味しているのではないだろうか。
豪雨はその狼煙で何がどうなるかはわからないが、必ず流れは変わると思う。


AS20180707001167_comm.jpg Dhp5nhaVMAAH7x8.jpg DhgdJv8VQAAMEj6-450x252.jpg






安倍真理教の洗脳

2018–07–07 (Sat) 15:02
今日は政治的内容だが、この記事はあくまで私見である。

昨日一日を見ていて私は日本が確実に狂って来ているのを実感した。
一昨日から西日本では大雨で避難指示が出され災害が予想されていた。
しかし昨日は朝からオウム真理教の麻原教祖を始め幹部7人の死刑が順次執行された。
すでに情報がマスコミに漏らされ、NHKは執行前からカメラを出している。
執行されるのをリアルタイムで特番を組みながら、順番や執行した死刑囚にシールを貼って行く番組まであって、さすがに批判を受けていた。

安倍政権は松本死刑囚の死刑執行をカードとして使うために数か月前から準備しており、最高のタイミングを見計らって切ったようだ。
執行命令書に法務大臣が署名したのはワールドカップで日本が負けてすぐだ。
サッカー、皇室の婚約発表と国民の目が向き、それがなくなる昨日にぶつけたと思うのは私だけではない。
サッカー狂騒曲の最中に高プロ法やカジノ、水道民営化など悪法を通し、安倍総理自身のきな臭い身辺も何もかもが覆い隠せるこの時期を用意周到に狙っていたのだろう。

西日本が大雨で被害が予想される死刑の前日は、安倍総理と上川法務大臣を囲んで取り巻き達が宴会を開き写真まで流布している。
翌日7人の死刑執行が自分達の手でなされようとしているのに、この二人はご満悦の様子でポーズを取っていた。

オウムの死刑は歴代の総理大臣も法相も誰も執行しなかった。
勿論直接判を押すのは法務大臣だが、こんな大物は総理大臣の意向も働く。
それだけ社会的に重い影響があると考えられていたからだ。
それがいっぺんに7人も、しかも事前情報を流してテレビでリアルタイムに国民に知らせている。
戦後日本では7人一度にも、事前に情報を流すことも行われたことはない。

私は安倍総理は人格障害のサイコパス的人間だと思っているので、彼は痛痒を感じるどころか「歴代総理が誰一人出来なかったことをやった」という全能感に酔いしれているような気がする。
今日午前大雨の被害が甚大だと知って急いで「人命第一に」などと会見していたが、彼の顔は見るに堪えなかった。

一番怖いのは安倍真理教というカルトに周りの人間が権力と金という現世利益で入信し、その教義に国民が洗脳された結果集合意識となって国全体が狂い始めていることだ。
おかしいことをおかしいと思わない人間が増えている。

死刑について私は是非を言うつもりはないが、安倍政権が政権維持の道具にしたことには激しい憤りを覚える。
そしてそれを選挙開票のような扱いで報じたマスコミと、一連の流れをおかしいとも何とも思っていない国民にはうすら寒さを感じる。
多分これで支持率はまた上がるだろう。

これまでの自民党でも厳格に守っていた倫理観やしてはいけないことをことごとく安倍政権は破壊した。
かつての民主党政権が災害のさなか死刑執行の前日に宴会という同じ事をやっていたら、マスコミも国民も叩きまくっただろう。

隣の韓国では文大統領が残業を週12時間に制限する労働法の改正を行った。
かたや安倍総理は残業無制限の高プロ制度を強行採決で通した。
その政権を存続させているのは国民だ。

日本人は緩慢な自殺をしたいとしか思えない。

以下の画像は死刑前日の安倍総理と法相と取り巻きの面々。


DhYfi3RU8AATlSq.jpg 0706.png 無題






 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR