政治と宗教

2019–02–01 (Fri) 15:43
国会が始まっているが、新しい眼鏡をかけた総理大臣は官僚の書いた原稿をひたすら読み上げている。
漢字には必ずルビが振られ、脚本のように間合いやアクションのト書きもあるそうだ。
多分内容などよく理解していないのは、オランダ訪問時の記者会見で外人記者に質問された時理解できず頓珍漢な答えをしていたのを見てもわかる。

安倍政権に「何処までもついて行きます下駄の雪」と揶揄されている公明党が、今回も選挙対策用に学費無償化を言い出している。
これについてはたまたま先日話した仕事関係の友人がひょんなことから自分がS学会信者であることを教えてくれたが、改めて政教分離のはずの政治に疑問を持った。
公明党がS学会の政党である事は周知の事実だが、信者には公明党の都合のいい事しか知らせていないのだろうか。
民主党政権が始めた高校無償化は、彼女には公明党がやっていたことになっていたし、様々な政策で我田引水的に教えているような気がした。

いい人でS学会の部会幹部のようだが、その前提で話すと信仰の功罪を感じずにはいられなかった。
私は安倍真理教と言って安倍政権とその取り巻きを批判するが、それは良し悪しは別にして教義や教祖、幹部の言うことは絶対で必ず守るという宗教的な行動原理を指している。
まだ安倍真理教の方が信者は教祖が馬鹿だと思っていても利用したり私利私欲のためにくっついているが、新興宗教を含め信仰と名の付くものは教祖の言うことを絶対に疑わず信じ込んでいるから、ある意味洗脳状態のようだ。
そのエネルギーを公明党という政党に向ければ、党の政策は全て正しくなる。
指導者たちはまずい部分は微妙にアレンジして信者に伝えるから、純真な信者は社会正義に燃え熱烈に政治活動をしてしまうのだろう。

その知り合いと話していてこれが公明党の信者を動かす(正当化する)キーワードだと思う言葉があった。
「政治はまず実績を作らなければならない」「政治には哲学が必要だ」
悪い実績を作ってどうする、哲学なんて言葉を正当化の理由にするな、と突っ込みを入れたかったが,その人とは結構親しいので、何となく信じ込んでいるのが気の毒になった。

国会中継の質疑応答も強行採決も見たことがないし、ましてネットで自分で事実を調べるということは皆無らしい。
事実と違うことを信じ込まされていたり、都合の悪いことは知らされず都合のいいような情報だけ教えられているのかもしれない。
どの宗教でも信じる者は救われるので、S学会の信者が信仰して幸せならば良き人生だろう。
ただ、その支持政党が安倍政権の不正をかばい一緒になって戦争へ突き進むような法律を強行採決し、影響が国民へも及ぶところが問題だと思う。
だから憲法では政教分離が規定されているのだ。

友人は素直でいい人だが、思想信条について話は噛み合わないだろうし、私がいくら正確な情報を伝えても信じないだろう。
他者から見たら私もスピリチュアル教なのかもしれないから、誰も彼も自分の信じるところは曲げられない。
付き合う時はそれを承知で付き合うしかないと思う。

ただ、政治の話が御法度のような今の日本を考えれば、意見は合わなくてもそんな話を出来ただけいいのかもしれない。


DSC_0582.jpg





『頭にきて』のメンタリティー

2018–12–29 (Sat) 15:25
最近は政治問題を取り上げるにもあまりにもひどすぎて、頭の中でまとめて消去ボタンをクリックしている状態だが、年末のここへ来て馬鹿殿の御乱心をまた見る羽目になり辟易としている。

政権の嘘ごまかしは文書改竄、統計捏造で次々明らかになっているが、安倍真理教ではどんな教義でも通る。
しかし最近は国際的にも通ると錯覚しているようで、国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退、韓国駆逐艦の海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射映像公開と、相手が外国でもお構いなしだ。
安倍事案と呼ばれる政治問題があるが、この二つがそうで、さもありなんだ。
つまり安倍総理が自分の一存で事を動かしてしまう政治問題だ。
国際機関脱退はトランプのパリ協定脱退を真似たつもりかもしれないが、理由は二階堂幹事長と安倍総理の地元が商業捕鯨をやっているからだ。
しかしこんな大事なことを国会にもかけず、相手が国際機関だろうが総理のごり押しで決めてしまうのだからもう何でもありだ。

そして昨日のレーダー照射の映像公開だが、これも防衛省が渋ったのを安倍総理が「鶴の一声」で公開させたという。
この問題は穏便に済ますこともできたはずだ。
移民政策で支持を失った極右勢力とネトウヨに対する安倍総理のパフォーマンスにしか見えない。
困ったときの危機煽りだが、北朝鮮は使えなくなったから韓国を仮想敵国にしたいわけだ。

アメリカやロシアが同じことをしても絶対にやらないのに、相手を見て仕掛けるところが狡猾な幼児性を持つ安倍総理らしい。
映像を最初から最後まで見ればよく分かるが、遭難した北朝鮮漁船を救助している韓国駆逐艦を日本の哨戒機が偵察撮影するためにかなり至近距離に近づいている。
韓国の主張通り最初に接近したのは(日本は法を守った距離だと言っているがあくまで日本の航空法)こちらで、韓国の説明が二転三転してもその点は韓国の言い分に矛盾はない。
動画を全部見ると、時折音声を消しているし、「了解でーす」「はーい」「一応呼びかけるか」とクルーの通常運転の声がして切迫感は皆無だ。
しかしムキになって、「これが証拠だ!」と世界に発信する子供じみた行為は安倍総理の行動様式そのもので、安倍事案の真骨頂だ。
これで事を荒立てて今度は「韓国が~」とやりたいのだろうか。

https://www.youtube.com/watch?v=T9Sy0w3nWeY
YouTubeにアップされた防衛省の動画だ。
韓国も非はあるかもしれないが、中国にも2013年レーダーを照射されたことがあった。
当時もヒステリックに軍事衝突を煽る世論もあったが、映像の公開などせずうやむやながら落着している。
レーダー照射は大事ではないと極右の元自衛隊航空幕僚長、田母神氏でさえ言っている。

https://ironna.jp/article/11560

~首相は「韓国に対し相当頭にきていた」(自民党関係者)
安倍総理の頭では政治的判断など出来ずに、幼稚な感情が全てを動かす。
『頭にきて』戦争も起こしかねないのが、安倍晋三という日本の総理大臣だ。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122800890&g=pol


DSC_0243.jpg






政治と魔術 ・3

2018–12–04 (Tue) 16:08
政治家は常に様々な念を飛ばされている。
歴史を見れば国中の国民の怨嗟を受けて非業の最期を遂げた独裁者も多いが、大抵は私利私欲で国民を虐げて来たので自業自得というか因果応報のような場合が多い。
しかし悪徳政治家や独裁者でもどこまでも悪運が強く中には最後まで失脚せずにのうのうと生きている者もいるが、単純に悪は滅びるという考え方は通用しないのが見えない世界だ。
輪廻の先にどういう応報が来るかはわからないが、今生で後ろに憑いているものがあまりにも強大だと全てを撥ね退けてしまう。
ヒトラーに牛頭魔人が憑いていたのはスピの世界で言われているし、類する闇の魔物が憑いた独裁者はその力でどんな悪行も意のままだったろう。
そこまでひどくなくても悪運が強いと思われる日本の現総理も、見る人が見れば本人だけの力ではないのが分かるし、私もそうだが気持ちが悪くて正視に堪えないというスピ系人間もいる。

霊能者や占い師に頼る政治家は問題を占ってもらう他にも、祈祷や除霊、守護を依頼しているのは想像に難くない。
例えば新興宗教などは関係する政治家の成功を、教祖、信者一丸となって祈ることもあるだろう。
力のある陰陽師は特別に式神を作ったりパワーアップと守護を強化させることもできる。
もっと言えば強力な結界も張ることができるので、いくら沢山の念を飛ばされてもすべてシャットアウト出来るのだ。
だから、政治家や有名人がそういった力に頼っても不思議ではない。

誰がどこまで霊能の世界に馴染んでいるかはわからないが、政治家や政界の闇を追っているジャーナリストなどが不慮の事故に遭ったり謎の死を遂げたりしたら、どんな手を使ってやったのだろうと勘繰ってしまう。
中には呪術や魔術もあるのではないかと私などはふと思ったり。
まあ全くの妄想なのでスルーしてほしいが、過去にもいくつか「やられたかも」と思った事件はあった。

ネットを探すと、呪詛請け負いますというサイトがいくつもある。
黒魔術を売り物にしているサイトや日本古来の呪術を使うものもあって、夢物語と思うかもしれないが実際に依頼者もいるようだ。

普通に暮らしている無辜の人達とて人間関係の中で人を憎んだり呪ってやりたいと思う黒い部分があるのだから、まして生きるか死ぬか、寝首を掻くような政治の世界ではどんな方法でも使おうと思う人間がいても不思議ではない。

悪運強く未だに政権の座に居座る日本の総理も昔からいくつかの宗教団体との関係を取り沙汰されているし、夫人はコテコテのスピ大好き人間で母親はある新興宗教の信者だった。
まさかとは思うが、日本の命運も怪しげな御神託で決められていたら国民は泣くに泣けない。



f7818c78715593027c4752d31a12892f_s.jpg





ブログの限界

2018–11–27 (Tue) 15:10
最近は政治ネタを書くのに気合が入らなくなってきた。
それというのも明らかにネット規制があるのが分かったからだ。
それを知りつつそういう勢力に屈したくなくて書いていたが、先頃政権批判の過激な記事を書いたらアクセス数が半分に減った。

政府が規制しているというより、プロバイダー側などが自主規制のように特定ワードで規制を掛けているようだ。
このブログは自動的にツイッターにも連動するような設定にしていたが、その記事の後数日間はツイッターにも載らなくなっていた。
日本ツイッター社が露骨な政権寄りの規制をしているのは知られているが、その他アメブロや他のブログでも規制を掛けていてある日突然ブログ閉鎖のお知らせが届いたりするらしい。

スピ系ブログがお約束のように政治批判をしないのは(礼賛なら構わない)、人気に差し支えるというのが大きいだろう。
ブログをビジネスの一環と捉えているブロガーは決して政治ネタは書かない。
安倍政権は情報統制に力を入れ出してから、、マスコミへの露骨な政治介入で政権批判のジャーナリストたちを駆逐し御用記者や評論家を多用するようになった。
それを見て我が身を守るため、ネット業界から一般の人間にまで自主規制の意識が出てしまったのだろう。
暗黒政治の始まりと言えそうだが、それに唯々諾々と従がっているのも日本国民なのだから未だに現政権は続いているわけだ。

安倍総理が海外にばらまいたお金が10兆円。
アメリカからお古の兵器購入は10年ローンで、本人達が政界から去っても国民は使えない武器にお金を払い続けることになる。
そしてオリンピックの予算は3000億円から3兆円に跳ね上がり、大阪万博には参加国に240億円の支援金を出すそうだ。
みんな国民の血税である。
生活保護も年金もカットで消費税は上がり70歳まで働かなければならない。
政権の連中はあと3年もしたら責任を取らなくてもよくなる。

考えると眩暈がするのでもうブログネタにしても空しいだけだと最近はあまり書かないが、スピ的に言うとそれも日本人のが選択したことで決まったロードマップなのかもしれない。
スピ世界で言われているのはの淘汰が来るということだから、これから様々な天災人災で地球は変わっていくだろう、
私の年代はもう人間の経験をある程度積んだが、次の世代はどうなるのだろうかと危惧している。
日本人の自浄作用がまだ残っていることを期待したいが、多分もう外的な力でないとどうにもならないのだろうと漠然と考えている。

さて、この記事はまたブラックリストに入るのだろうか。



IMG_20181123_115631_208.jpg





天変地異

2018–09–06 (Thu) 16:35
今年最強の台風が来た翌日、北海道で震度7の地震があった。
実は私は2日から北海道へ行っていて4日に帰る予定だったが飛行機が台風で欠航になり一日足止めを食らい、昨日の夕方の飛行機で帰ってきたところだった。
今朝起きると北海道の惨状が目に飛び込んできて驚いている。

被害に遭われた方には申し訳ないが、台風と地震で日本への過酷災害がかなり分散されているように感じた。
人的被害も最小限に抑えられているし、どうやら日本を破滅へ向かわせようとする力とそれを回避しようとする力が拮抗して、最低限の被害で今のところ押さえられているような気がする。
特に地震は南海トラフや関東などに来たら地震だけでも東北大震災を上回る被害だろうし、原発も必ず被害を受け福島の二の舞になる。

どうやら今回は見えない力で北海道が引き受けてくれたのか、北海道に持って行ってくれたのかと思う。
しかしまだこれで終わりではないかもしれない。

安倍政権が西日本豪雨の時にオウム死刑囚を7人まとめて歴史に残る大量死刑執行をした。
あの時どうも嫌な感じがしてこのブログの記事にも書いたが、松本死刑囚本人の問題ではなく彼らに憑いている禍々しい大きな魔界の物が動き出すような気がしたのだ。
菅原道真公や崇徳天皇、平将門など処刑された後は怨霊が天変地異を起こしたとされ神に祭り上げて封印したが、彼らが仮に恨みを抱いてその念が残ったとしても、それに闇の集合意識が重なり膨大な魔のエネルギーとなって厄災をもたらしたとも考えられる。

今回寝ている魔を起こしたのは違う魔を持つ人物だが、死刑の後に立て続けに起こるこの天変地異にも私のようにひそかに関連性を疑うスピ系の人間はいると思う。
当のご本人は西日本豪雨の宴会にも学ばず台風の時には新潟に総裁選の票集めに「私的旅行」に行ったし、今回の北海道地震の時は6時間後にネトウヨの放送局に喜色満面で出演している映像が流れた。
さすが「危機管理の人」である。

天変地異がこれで終わることを祈るが、スピ的には上がるためには試練と振り分けが起こるというからまだ注意は必要だろう。



karehanosekai.jpg








 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR