政治と魔術 ・3

2018–12–04 (Tue) 16:08
政治家は常に様々な念を飛ばされている。
歴史を見れば国中の国民の怨嗟を受けて非業の最期を遂げた独裁者も多いが、大抵は私利私欲で国民を虐げて来たので自業自得というか因果応報のような場合が多い。
しかし悪徳政治家や独裁者でもどこまでも悪運が強く中には最後まで失脚せずにのうのうと生きている者もいるが、単純に悪は滅びるという考え方は通用しないのが見えない世界だ。
輪廻の先にどういう応報が来るかはわからないが、今生で後ろに憑いているものがあまりにも強大だと全てを撥ね退けてしまう。
ヒトラーに牛頭魔人が憑いていたのはスピの世界で言われているし、類する闇の魔物が憑いた独裁者はその力でどんな悪行も意のままだったろう。
そこまでひどくなくても悪運が強いと思われる日本の現総理も、見る人が見れば本人だけの力ではないのが分かるし、私もそうだが気持ちが悪くて正視に堪えないというスピ系人間もいる。

霊能者や占い師に頼る政治家は問題を占ってもらう他にも、祈祷や除霊、守護を依頼しているのは想像に難くない。
例えば新興宗教などは関係する政治家の成功を、教祖、信者一丸となって祈ることもあるだろう。
力のある陰陽師は特別に式神を作ったりパワーアップと守護を強化させることもできる。
もっと言えば強力な結界も張ることができるので、いくら沢山の念を飛ばされてもすべてシャットアウト出来るのだ。
だから、政治家や有名人がそういった力に頼っても不思議ではない。

誰がどこまで霊能の世界に馴染んでいるかはわからないが、政治家や政界の闇を追っているジャーナリストなどが不慮の事故に遭ったり謎の死を遂げたりしたら、どんな手を使ってやったのだろうと勘繰ってしまう。
中には呪術や魔術もあるのではないかと私などはふと思ったり。
まあ全くの妄想なのでスルーしてほしいが、過去にもいくつか「やられたかも」と思った事件はあった。

ネットを探すと、呪詛請け負いますというサイトがいくつもある。
黒魔術を売り物にしているサイトや日本古来の呪術を使うものもあって、夢物語と思うかもしれないが実際に依頼者もいるようだ。

普通に暮らしている無辜の人達とて人間関係の中で人を憎んだり呪ってやりたいと思う黒い部分があるのだから、まして生きるか死ぬか、寝首を掻くような政治の世界ではどんな方法でも使おうと思う人間がいても不思議ではない。

悪運強く未だに政権の座に居座る日本の総理も昔からいくつかの宗教団体との関係を取り沙汰されているし、夫人はコテコテのスピ大好き人間で母親はある新興宗教の信者だった。
まさかとは思うが、日本の命運も怪しげな御神託で決められていたら国民は泣くに泣けない。



f7818c78715593027c4752d31a12892f_s.jpg





ブログの限界

2018–11–27 (Tue) 15:10
最近は政治ネタを書くのに気合が入らなくなってきた。
それというのも明らかにネット規制があるのが分かったからだ。
それを知りつつそういう勢力に屈したくなくて書いていたが、先頃政権批判の過激な記事を書いたらアクセス数が半分に減った。

政府が規制しているというより、プロバイダー側などが自主規制のように特定ワードで規制を掛けているようだ。
このブログは自動的にツイッターにも連動するような設定にしていたが、その記事の後数日間はツイッターにも載らなくなっていた。
日本ツイッター社が露骨な政権寄りの規制をしているのは知られているが、その他アメブロや他のブログでも規制を掛けていてある日突然ブログ閉鎖のお知らせが届いたりするらしい。

スピ系ブログがお約束のように政治批判をしないのは(礼賛なら構わない)、人気に差し支えるというのが大きいだろう。
ブログをビジネスの一環と捉えているブロガーは決して政治ネタは書かない。
安倍政権は情報統制に力を入れ出してから、、マスコミへの露骨な政治介入で政権批判のジャーナリストたちを駆逐し御用記者や評論家を多用するようになった。
それを見て我が身を守るため、ネット業界から一般の人間にまで自主規制の意識が出てしまったのだろう。
暗黒政治の始まりと言えそうだが、それに唯々諾々と従がっているのも日本国民なのだから未だに現政権は続いているわけだ。

安倍総理が海外にばらまいたお金が10兆円。
アメリカからお古の兵器購入は10年ローンで、本人達が政界から去っても国民は使えない武器にお金を払い続けることになる。
そしてオリンピックの予算は3000億円から3兆円に跳ね上がり、大阪万博には参加国に240億円の支援金を出すそうだ。
みんな国民の血税である。
生活保護も年金もカットで消費税は上がり70歳まで働かなければならない。
政権の連中はあと3年もしたら責任を取らなくてもよくなる。

考えると眩暈がするのでもうブログネタにしても空しいだけだと最近はあまり書かないが、スピ的に言うとそれも日本人のが選択したことで決まったロードマップなのかもしれない。
スピ世界で言われているのはの淘汰が来るということだから、これから様々な天災人災で地球は変わっていくだろう、
私の年代はもう人間の経験をある程度積んだが、次の世代はどうなるのだろうかと危惧している。
日本人の自浄作用がまだ残っていることを期待したいが、多分もう外的な力でないとどうにもならないのだろうと漠然と考えている。

さて、この記事はまたブラックリストに入るのだろうか。



IMG_20181123_115631_208.jpg





天変地異

2018–09–06 (Thu) 16:35
今年最強の台風が来た翌日、北海道で震度7の地震があった。
実は私は2日から北海道へ行っていて4日に帰る予定だったが飛行機が台風で欠航になり一日足止めを食らい、昨日の夕方の飛行機で帰ってきたところだった。
今朝起きると北海道の惨状が目に飛び込んできて驚いている。

被害に遭われた方には申し訳ないが、台風と地震で日本への過酷災害がかなり分散されているように感じた。
人的被害も最小限に抑えられているし、どうやら日本を破滅へ向かわせようとする力とそれを回避しようとする力が拮抗して、最低限の被害で今のところ押さえられているような気がする。
特に地震は南海トラフや関東などに来たら地震だけでも東北大震災を上回る被害だろうし、原発も必ず被害を受け福島の二の舞になる。

どうやら今回は見えない力で北海道が引き受けてくれたのか、北海道に持って行ってくれたのかと思う。
しかしまだこれで終わりではないかもしれない。

安倍政権が西日本豪雨の時にオウム死刑囚を7人まとめて歴史に残る大量死刑執行をした。
あの時どうも嫌な感じがしてこのブログの記事にも書いたが、松本死刑囚本人の問題ではなく彼らに憑いている禍々しい大きな魔界の物が動き出すような気がしたのだ。
菅原道真公や崇徳天皇、平将門など処刑された後は怨霊が天変地異を起こしたとされ神に祭り上げて封印したが、彼らが仮に恨みを抱いてその念が残ったとしても、それに闇の集合意識が重なり膨大な魔のエネルギーとなって厄災をもたらしたとも考えられる。

今回寝ている魔を起こしたのは違う魔を持つ人物だが、死刑の後に立て続けに起こるこの天変地異にも私のようにひそかに関連性を疑うスピ系の人間はいると思う。
当のご本人は西日本豪雨の宴会にも学ばず台風の時には新潟に総裁選の票集めに「私的旅行」に行ったし、今回の北海道地震の時は6時間後にネトウヨの放送局に喜色満面で出演している映像が流れた。
さすが「危機管理の人」である。

天変地異がこれで終わることを祈るが、スピ的には上がるためには試練と振り分けが起こるというからまだ注意は必要だろう。



karehanosekai.jpg








ケチって火炎瓶

2018–08–29 (Wed) 17:27
今日はスピブログにふさわしくない表題だが、「ケチって火炎瓶」とは今ツイーターでトレンドに入っているタグだ。
テレビ、新聞しか見ない人は知らないだろうが、安倍総理がかつて山口組系のやくざに選挙妨害を依頼し謝礼の500万円を200万円ケチって300万円しか払わなかったので、怒ったやくざが安倍事務所に火炎瓶を投げ込んだという事件から来ている。

先の国会で山本太郎議員が内閣委員会で安倍総理にこのことを正した際「事件は決着して私は被害者だ」と早口で原稿を読んだが、依頼したのは総理でやくざと関係ある人が総理なのはおかしいと突っ込まれていた。
事実なのでさすがに「私は関係ありません!」とムキにもなれず他人事のようにしていたが、裁判記録までは改竄出来ないので事実は認めるしかなかったようだ。
しかし、凄まじい箝口令を敷いているのでマスコミは一切緘黙している。
その代わりネットまでは規制できずツイッターのトレンドに上がってきたのだ。

もう事の是非を論じる次元ではないが、芸能界でも暴力団と一緒に写真に写っただけで大問題になり休業、引退など社会的制裁を受けるが、総理大臣は臆面もなく三選を目指している。

テレビと新聞しか見ない政治に無関心な人達は「ケチって火炎瓶」が何かも知らない。
最近Twitter界のカリスマのような83歳の老婦人がいてテレビやマスメディアにも取り上げられているが、彼女は高齢者の情弱ぶりをツイートしそういう無知が政治を間違った方向に向かわせると切り捨てていた。
戦争経験者で今の日本の世情に危惧を覚えているから発信できることだが、現在は若者も含めて自分で情報を集めなければ何一つ真実は判らない。
真実を知って初めてどれだけ悪辣な情報操作が行われていたか空恐ろしさを覚えるだろうが、中にはそれすら知りたくないという一般市民もいる。
スピリチュアル界もそういう人は多く善悪などジャッジ出来ないというが、今の世に生きている人間なのだから社会の正義も倫理も善悪も現実的に判断しなければならないと私は思っている。

安倍政権をブログでも批判してきたが、スピ的に見ると安倍晋三という人物には祖父の岸信介と戦犯の怨霊が重なって魔物のように乗り、それに私利私欲しかない亡者の集合意識が結界を張っているので、どれだけまともな人間が彼を糾弾しようとしても跳ね返され下手をしたら逆にやられてしまうのが現状だと思う。
これほど人々の批判の念を受けてもびくともしないのは、彼自身の良心のない鉄板のメンタルとそれを幾重にも取り巻く禍々しい死霊生霊の負の想念が守っているからだ。

「今だけ金だけ自分だけ」が教義の安倍真理教の洗脳は凄絶だ。
正義も倫理もなくなった政治家や官僚、そして右倣えの国民を見るのは本当に情けない。


74d0bc58b9f1c507ced1fe608726bf67_s.jpg





東京オリンピックのデジャブ

2018–08–21 (Tue) 16:08
東京オリンピックが迫ってきたが、マラソンのためにサマータイムを導入するとか、学生にボランティアをさせるために学校を休校にするとか、果ては冷房の代わりに打ち水をするとか、政権が狂えば国民も狂うという図式を見せられてれているようで眩暈がしてくる。
そもそも当時の安倍政権が賄賂をばら撒いて持って来たオリンピックだ。
設計段階で躓きシンボルマークで躓き東京オリンピックは呪われているのではないかと思うくらいだ。
福島原発事故の放射能はアンダーコントロールと安倍総理が世界に大嘘をついた時点で何かに背いたように感じる。

私は当初から東京オリンピックは実現出来ないのではないだろうかと何となく感じていたが、今の日本の凄まじい闇の力を考えるとどんな犠牲を払って強行されるかもしれない。
オリンピックまで何としても儲かればいいのであって、結果などどうでもいい欲の亡者達のどす黒い執念を感じる。

あれだけ足元がぐらつきながらも何をやっても悪運強く居座って三選(自分のために二選までの制度を変えた)しそうな安倍総理だが、彼が総理をやっている間に日本は取り返しのつかないことになるのは目に見えている。
止めようと一部のまだ洗脳されていない国民が頑張ってはいるが、最早戦時中の赤狩り同様どんな手を使っても口を封じられる。
先日も安倍総理が以前暴力団に選挙妨害を依頼していた件をずっと調べて告発しているジャーナリストが新宿で襲われ大怪我をした。
命あっただけましだろうが警告とも取れる。
安倍総理に都合の悪いことはゲシュタポがいて必ず潰すから、もう誰も怖くて糾弾出来ないわけだ。

自民党の総裁選があって石破茂氏が唯一出馬するが、その前に対抗馬と目された人達は醜聞を暴露されたり半分脅しの懐柔で断念を余儀なくされている。
反安倍の国民の中で安倍三選ぐらいなら石破氏の方がいいという流れもあるが、その悲しいまでの消去法しかないのが今の日本だ。
石破氏は軍事オタクで改憲派でバリバリの右派だが、安倍総理より良い点は慶応出で知性があり理論派で何よりまともな質疑応答が出来る事だそうで、そんな当たり前の事が評価されるハードルの低さだ。

かつての私なら好戦的な石破氏など論外だったが、最低限の政治家としての知性と常識を備えているだけましと思わざるを得ない日本の政治の劣化に我ながら呆れている。
公然と石破氏を支持した者は冷遇すると言っている安倍総理に疑問も持たない自民党は、カルト安倍真理教に洗脳されている。
安倍教祖が白と言えば黒も白なのが今の自民党だ。
総裁選もあの手この手で不正の末安倍三選の出来レースだろう。

東京オリンピックはその狂った安倍政権の集大成だ。
かつてナチスは国威発揚のためにベルリンオリンピックを大々的に利用した。
この成り行きに、デジャブを感じているのは私だけだろうか。


0e2bc9fa0938507dfd7f6192bb2ab7b9_s.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR