メンタルを病むスピリチュアル ・ 1

2018–12–07 (Fri) 16:31
世の中、メンタルを病んでいる人は多い。

特にスピリチュアル関係では他の業種に比べて多いのではないだろうか。
現在ではなくても過去一度はそれ系の病歴を持っていたりするが、これは霊能力にまつわる様々な事象が発端となる場合も多い。
シャーマンになるためにかかる巫病(ふびょう)というのもあるし、単に霊能力があるために憑依されて霊障を受けたりして、皆心身ともに普通の人以上に苦労している。
その結果日常生活が困難になると「鬱病」「統合失調症」「双極性障害」という病名がつく。
また、宇宙由来の魂であるインディゴやクリスタルチルドレンもしばしば「アスペルガー」「ADHD」と間違われる特徴がある。

占い業界ではメンタルを病んでいる占い師がメンタルを病んでいるお客の鑑定をしているという、笑えない現実がある。
「癒しフェア」という大きなスピリチュアルの催し物に行ったときに、大勢の占い師や霊能者がいたが、あれは異形の世界だった。
中には一目で「イッている」という顔の人気占い師もいた。
実際毎日何人ものメンタルを病んだ人や悪霊に憑かれた人、ネガティブパワーを抱えた人を、エネルギーコードを繋げて視るのだから影響を受けないわけはない。

私もスピ系の知り合いが多いが、本業でやっている占い師も仕事にしていない霊能者も、ほぼ人並み以上の困難な生活を経験しているようだ。
自分で講座などを受け占い師になったり能力が開いた人はまだいいが、小さい頃から持っている人は幼少期からその能力故いじめられたり親に気味悪がられたり辛い目に遭っている。
長じても社会に馴染めなかったり普通の恋愛や結婚が出来なかったり、中には意図せずとも強力なパワーで周りの人間に影響を与えてしまったりして結局普通の職にとどまれずスピ業界へ来るのが多いようだ。

メンタルを病むことと霊能力の境界は曖昧だと感じる。
だからギリギリのところで占い師は鑑定している場合もあって、一歩間違えればミイラ取りがミイラになることもある。

霊能力は統合失調症と判断されることが多い。
声が聞こえる姿が見えるというのは、霊感がある人は経験がある。
それが日常的になり正常な判断力を失ったり人が変わってしまったりするとその病名がつくが、これは憑依現象や霊能力の暴走のケースもあるのではないだろうか。
私が知り合った「ある時神が降臨した人」は霊能力が開花して様々なものが分かるようになったが、高じて統合失調症と判断され何年か入院したと言っていた。
薬で抑えられるので、今は霊能者としてやっているそうだ。

スピリチュアル能力は諸刃の剣の部分がある。
普段は使わない第六感を使うのだから、相応のリスクもないとは言えない。
スピ講座などで大枚をはたいて霊能力を開こうという人も、いい事ばかりではないのは知っておいた方がいいのではないだろうか。


d3a1efc9816b4bbcf027fa0d5434836d_s.jpg





宇宙人かも?

2018–10–17 (Wed) 16:22
昨日髪を切りに行ったのだが、やってくれた美容師の女性が宇宙系の人ですっかり話が合ってしまった。
これまでも何度か切ってもらいスピ的な話もしていたのだが、たまにビジョンが見えるそうだ。
お父さんが亡くなる前にある音楽を聴いて「父が亡くなったらこの曲を泣きながら聴く」というビジョンが見えて実際亡くなった後その曲を泣きながら聴いていたとか、ご主人とまだ付き合う前に彼が女の子を肩車して歩いていく姿が見えて、その後結婚して女の子を生みその場面が実現したとか。

ビジョンを見るのは宇宙系の人に多いようだ。
きっと宇宙から来ただよと言ったら、「実は小さい頃から地球が滅亡したら宇宙から迎えに来てくれると思っていた。」と言っていた。
空が好きでご主人も同じらしいから宇宙の仲間同士で巡り合ったのかもしれない。
何処の星からという話にもなったが、御主人と彼女はシリウスとプレアデスの特徴を持っているようだった。

美容室でこんな話をしているのは怪しいのだが、時に完全にトンデモ話が一致して盛り上がってしまう時がある。
多分普通に人には話せないことでも「そうそう、わかるわかる」という感じになると、一挙に妄想だと思っていたことをカミングアウトしてしまうことがある。

このブログを読んでくれている人の中にも「わかる」と首肯している人がいるのではないだろうか。
宇宙由来のはとにかく小さい頃空や星が好きで、帰りたいとか迎えに来てくれるとか思ったことがあるはずだ。
スピ系人間でも霊能力というよりビジョンを見たり全く違うところから情報を降ろしてきたりする。

インディゴ、スターシードなど分類はあるが、特徴のチェックをするとかなりの項目が当てはまる。
いわゆるライトワーカーと名乗っている人達は自覚しているが、全然自覚もなく普通に生活している人でもかなりの数がいるのではないか。
逆に自称ライトワーカーでも、実は違うところと繋がって光ではない方の人もいる。

くだんの美容師さんは明るくてよく笑う楽しい人だったが、スターシードやクリスタルチルドレンなどは人間の転生が少ないのでなかなか社会に馴染めず苦難の人生を送り地球の泥沼に埋もれてしまう人も多いようだ。
自分が人と違う感覚を持っているとか、妄想のようなものを感じるなど、どこか違う部分を持って悩んでいたら、もしかしたら人間の経験の浅い宇宙のかもしれない。
是非スターシードやインディゴをググって特徴を調べてみてはいかがだろうか。
ついでに出身星ごとの性質も出ているので、自分がどこの星から来たのかもわかるかもしれない。


dc8e39d7ea3f2a5ce618bff64b7b02e1_s.jpg





クリスタルチルドレン

2018–09–07 (Fri) 17:01
北海道に行った時に絵の教室の教え子と10年ぶりに会ってきた。
最初に教室に来たのは小学2年ぐらいだったが、いわゆる不思議ちゃんで学校でも皆に馴染めずいじめや仲間外れにされていた。
龍の絵が好きでそればかり描いていたので、この子は龍神系なのだと思ったものだ。
オーラも見えるようだったし、普通の子供と話が合わず多分転生の少ない精霊や宇宙系の魂のようだった。

10年の歳月を経て会った彼女は、社会でかなり苦労をし人間の修行をして人間らしくなっていた。
3時間会って話した内容は見えない世界の話ばかりで、完全にお互いの正体が理解できた再会だった。

スピリチュアル能力を持っている人間は、幼少期から見えないものが見えたり感じたりする。
それをそのまま言ってしまうので、親も周りも気味悪がったり変な子扱いされて学校へ行けばシカトかいじめに遭う。
本人も人の嘘や本心や未来まで見えるから、素直に付き合えなくなるし人間不信に陥って友達などできない。

私の知り合いや友人のスピ系人間や占い師は、やはり小さい頃から人付き合いが大変だったり長じても人間社会に馴染むのに苦労している。
私のように一通り終えてから開いても、もう元の世界へ戻るのは頭のスイッチを切り替えなければならないのだから、子供時代からそうなら疎外感に苦しみ鬱やメンタルを病んでもおかしくないし自殺する子も多い。

インディゴやクリスタルチルドレンで、本来の目的で人生を全う出来ている人はどのくらいいるのか疑問だ。
途中で挫折や潰れてしまう割合も高いと思われる。
彼女もクリスタルチルドレンだが、普通に社会で働いてソウルグループの人に会ったらしく人間社会の常識を指南してもらったようで、しっかりした考え方を持っていた。

自分のこれからの人生でやるべきことも分かったので、龍神の家と土地を継いで傍ら好きなクラフト作家になりたいと言っていた。
実際もう販売もしていて、作品も見せてもらったがやはり宇宙の物だった。
彼女をリーディングしてみたら、土地を守ってくれる限り作家として後押しするからと彼女についている龍神が言っているような気がして伝えた。
本人自身もあれよあれよという間に地元だが作品が知られ売れるようになったそうで、龍のおかげだと気が付いたそうだ。

まだ若く時々此岸と彼岸の区別がつかなくなると言っていたが、実は彼女のような若者も最近は少なくないように思う。
特にクリスタルチルドレンと呼ばれる特殊な能力を持った子供達はADHDやアスペルガーに見えることがある。
非凡な力を持っていても潰されてしまうのは可哀そうな事だ。
多分このブログを読んでくれている人の中にも同じように生き辛い人がいるのではないだろうか。

存在するだけで周りをヒーリングしていると言われるぐらいの魂なのだから、彼らには地球のために最大限の能力を発揮してもらいたいものである。

写真はその彼女の作品


DSC_0376.jpg





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR