危険な占い師

2018–06–24 (Sun) 16:58
最近はスピリチュアル業界でも価格破壊が起こっているようだ。
先日何気なくココナラというサイトを見ていたら、占いのカテゴリーがありワンコインの見料で様々な占い師が登録していた。
一件につきワンコインという設定が多く、追加料金がどんどん増えていく仕組みは他の占い方式と変わらないのだろうが、プロフィールを見ると店を構えてもいいような経歴の人もいる。
まあ下駄を履かせているにしても、薄利多売なのか業界自体が供給過多なのか考えてしまった。

スピリチュアル業界の相場はリーディングや鑑定で一時間3000円から10万円までと様々だが、価格が能力に完全に比例しないのもまたこの業界だ。
それというのも案外お客との相性のようなものもあって、波長が合うとかなり見えたり相手の背後が降ろしてくれたりするし、合わないとブロックが強くて何もわからないことがある。
そういう時はカードや手相で見るしかないのだが、案外リーディング能力は相対的なもので、絶対にどんな相手でも読めるという鑑定師は一握りのような気がする。
修行をしたり特殊なギフトを生まれつき持って来た人は、相手に関係なく違うところから情報を取ってくることが出来るのでどんなブロックの強い相手でも可能かもしれない。

大金を払って鑑定を受けたいと思っている人はある意味必死なわけで、諸手を上げて視てくださいと来る訳だから当然繋がりやすくはなるだろう。
逆に無料やワンコインの冷やかし半分で来る人は、深刻さがないし見る方も適当に流せたりもする。
つまり価格次第で双方の真剣度合も違ってくるので、やはり値段相応という法則は当てはまる部分がある。

お客にしたら10万払っても霊障の病気が治るなら安いものだし、祈祷師などは10万貰っても自分の命の危険を冒して悪霊と戦うなら安すぎるくらいだ。
つまりスピリチュアルビジネスはある意味プライスレスのものに価格を設定していることになる。
だからどこに価値を見出すか、お客の判断しかない。

ただ、注意してもらいたいのは安い鑑定料の占術者も高い人もどこと繋がっているかは様々で、当たる人イコール高次と繋がる霊能者とは限らない。
低い闇系と繋がっていても霊能力はあってズバズバ当てたりする。
この手の鑑定師は必ずリピーターにさせるために細工をしたりするので気を付けた方がいい。
HPやプロフィールを見ただけで大体わかるが、シャーマンや魔女、神仏、天使と繋がっている等自称していたり、魔術、呪術、アチューメント、秘儀などの文言があったら要注意だと思う。

アチューメントや秘儀伝授というのはその魔術団体のエネルギーを入れられるという事なので、能力はアップするかもしれないがその呪縛から逃れられないことになる。

スピリチュアル業界も玉石混交だ。


DSC_0506.jpg




魔除け・邪気払いの方法

2018–06–23 (Sat) 15:37
霊の存在を信じる信じないにかかわらず誰でも邪気というネガティブな念や浮遊している霊やエネルギー体の影響を受けている。
それが強力になると邪霊、生霊、死霊など厄介なものになるが、たまたまその時だけ受けてしまったり憑いてしまったものなら自分でも払ったり落としたりすることは出来る。
また、憑かれる前に魔除けと言ってそれらをブロックする方法もあるので書いてみたい。

案外全くそんなことは信じない人でも本能的に魔除け邪気払いを日常生活の中でしている。
私はスピリチュアルに覚醒する少し前からなぜかマニュキュアやアクセサリー、香水が好きになって外出の時は必ずするようになった。
後にこれらはすべて古代から魔除けとして使われていたものだと知り驚いたものだ。
もっと前には生霊に取り憑かれていた数年間は毎日のように温泉に行って浸かりサウナと水風呂を繰り返して実に二時間近くも修行僧のようなことをやっていた。
当然体にはよくなくて病を得て一切やめてしまったが、思えばあれは生霊邪気払いをしていたのかもしれない。
また何年か前は突然お香に凝り出して毎日部屋で炊いたことがあったが、思えばこの頃も強い邪気を受けていた時期だったような気がする。
そんなわけで案外後から考えたら知らずに自分で魔除け邪気払いをしていたということがあるようだ。

以下に魔除け邪気払いの方法をいくつか挙げておく。
簡単なものならこれで防げたり落せたりする。

魔除け
・お香、香水などいい香りのするものをつける。
・女性ならマニュキュア、アイシャドウ、ネックレス、ブレスレットなど、特にアクセサリーは光るものを付ける。
・魔除け効果のあるパワーストーンを付ける。
・小さいハサミや刃物を携帯する。
・手や足を組む。(文字通り身体をガードすることになる)
・お守りやその代わりをしてくれると信じるものを身に着ける。
・神社仏閣のお札を貼る。

邪気払い
・部屋の喚気をする。
・お香を焚く。
・柏手を打つ。
・運動をしたり大声を出す。(カラオケも良い)
・酒風呂や塩風呂に入る。
・眠る。(やたら眠いのは邪気が憑いている場合があり大抵は眠ると落ちる)
・神社仏閣へ参拝する。
・お勧めできないが怪我や手術。(メスを入れる事はカルマ落とし)

邪気を受けたら何となく気が付く。
身体が重くなったりイライラしたり、頭、首、肩が痛くなったり腰に来る場合もある。
とにかく原因不明の体の不調や違和感、メンタルの不安定や不眠、睡眠障害などは邪気を受けている可能性がある。
一時のものなら上の方法で取れたり数日で離れていくだろう。
しかし、それ以上続いたり絶対におかしいと思ったらそれは生霊や悪霊が付いている場合もあるので専門家に取ってもらうしかないが、一番大事なのは自分がそれを引き寄せるメンタリティーを持っていたり脇の甘さや優しさがあってそれによって引き寄せているというのを自覚することだ。
人生を変えてしまうような強力な邪気や執着する生霊に憑かれたら、いくら術者に落としてもらっても自分が変わらない限りまた来るしそれの繰り返しになる。
毅然として絶対にブロックするという本人の覚悟が不可欠だ。

大方の人は邪気が憑いても気が付かないうちに落ちているし、いつも何かしら憑けているのが普通だ。
しかしどこか変だという直観があったら、そちらに目を向けてみるのも一つの方法だと思う



人の為という偽善

2018–06–21 (Thu) 16:41
人と為という字を合わせると「偽=いつわり」という字になる。
含蓄が深い。

人はしばしば誰かのためにと思いすることがあるが、よく考えてみると人のためなのか自分のためなのかわからない場合が無いだろうか。
困っているから助けてあげたいと思って純粋に親切心、同情から起った行為でも、ひょっとして潜在意識の中では打算が働いたり良い人になりたかったり、良心が痛みたくないからという動機も混じっているかもしれない。
勿論完全に無私で利他の聖人君子はいないので、これでも立派だし人を助ければ喜ばれて陰徳を積むことにもなるだろう。

しかしこの偽りという字は「人の為」というのがいかに難しくしばしば違っているかを教えてくれているような気がする。
後進国で人道支援を日本もしているが、真の援助はお金や物資を与える事ではなく、彼らが自分の力で生きて行けるような教育や技術を身に着けさせることだと言われる。

確かに困っている人や窮地に立たされた人を物理的に助けるのは一時的であれば必要だろう。
しかし、いつも依存し助けを求めている人に対してずっと手を差し伸べてやっては、本人のためにならないこともある。
むしろ逆効果の援助や助けもあって、例えば大人になってもいつも無心に来る子供にお金を与えてしまうような親は決して子供のためになってはいない。
そんな親なら元々いない方が子供は自分で稼いで生きて行けたかもしれないからだ。
もっと言えば自立を妨げ依存する子供にしてしまったのは親の方かもしれない。

相手が人間ではなく守護霊やガイドの場合は手厳しい。
私も何度も警告されたり、気が付かなければ否応なく強制終了や再起動させられた。
今のままでは駄目だとか方向が違うという時は事件が起こったり病気になったりして覚醒や方向転換を余儀なくされたが、結果的にそのおかげで霊的な成長があってここまで来られたと思っている。

誰でもいい人になりたいし人のためになりたい。
トラブルは避けたいし自分が我慢すればいいならと思う事もある。
しかし行きずりの他人ならいざ知らず、今世縁があった人や身近な人には相手の成長や霊的進化のためにどうしたらいいのかもっと大局的に見るべきだろう。

求められても、相手のためにならない同情や助けはするべきではない。
親という字は木の上に立って見ると書く。
親子という関係はその最たるものかもしれないが、人間関係の中では即物的な援助より時には厳しくしたり突き放すことも必要で、嫌われたり疎まれたりしても結果的にその相手のためになることがある。
嫌な上司やいじめる先輩のおかげで人間的に成長できたというのはよくある話だ。

「人の為」が「偽り」にならないように、相手の事を思うなら真にすべきことを見極める視点を持ちたいものである。


IMG_20140202_212739-2.jpg


恋愛と色情因縁

2018–06–20 (Wed) 16:29
前記事で恋愛における生霊のことを書いたが、もう一つ注意しなければならないのは恋愛色情因縁はシンクロする場合が多々あることだ。
色情因縁は文字通り色情にまつわる因業の事だが、男女関係でトラブルを抱える人はまずこれを持っていると言っていい。
先祖の因縁や過去生のカルマもあるが、その業に蛇霊がつく場合が多く中には家系的にずっと祟られている場合もある。

そしてこの因縁は周りの人間をも引き込む怖さを持っている。
霊障を受けたり憑依体質の人は優しい人や思いやりのある人が多いが、それを見込んで悪霊や色情霊が憑いてくる。
逆に霊の世界など信じない人や冷たい人、エゴイストは、何が来ても弾いてしまうので取り付くしまが無い。
気持ちの優しい人は同情したり突き放せないので、恋愛でも押し切られたりずるずる引き摺るられてしまうことが多い。
常にエネルギー交換をしていれば、相手の色情因縁まで貰って生霊に乗った蛇霊が体内に侵入してくる可能性もある。

色情因縁を持つ者同士が引き合うだけでなく、ピュアな魂を持っている人も色情霊は憑いてくることがあるから注意だ。
世の中には別れる切れると騒ぎながら絶対に別れられない腐れ縁のような男女がいる。
DVの関係などはする方は色情因縁を必ず持っているがされる方は「私が助けてやりたい」「私が付いていなければ」「根はいい人だ」などと同情して離れられなくなる場合も多いが、この発想はすでに半分色情因縁に取り込まれてしまった状態だ。

肉欲がベースにあるのが色情因縁だから、男女の交わりは一番効果的な方法でエネルギーを注入できる。
つまり執着という生霊とそれを動かす色情因縁が一緒にエネルギー交換として送り込まれるわけだ。
書いているだけでも恐ろしいが、私も何度か色情因縁で結びついている夫婦や恋人同士を見たことがある。
恐ろしかったのは持っている因縁同士が融合して、相互にエネルギーを注ぎ合っている感じがしたことだ。
DVは殆ど共依存になってしまうが、片方が逃げ出そうとすると片方は半狂乱になり修羅場が繰り広げられる。
色情因縁に取り込まれてしまうと最後には一緒に落ちて因業の泥沼をのたうち回ることになるので、スピリチュアル的には安易な恋愛や肉体関係を持つことは避けるべきだ。

いわゆる赤い糸で結ばれた運命の人はいるだろう。
しかし、色情因縁で結び付く相手は必ずトラブルが起こり離れたくても離れられなくなる。
それでも続くのは運命の人だからだなどとは、くれぐれも錯覚しない方がよい。
恋愛の最中に違和感があったり段々違うと感じたり、また相手が変わってきたり執着が凄くなったら、それは色情因縁のせいかもしれない。
男性でも女性でもDVとストーカーと変質者は必ず色情因縁を抱えている。




恋愛と生霊

2018–06–19 (Tue) 16:53
恋愛エネルギー交換だ。
お互い同じ波動と霊格の高さを持ちいいエネルギー交換が出来れば高め合っていける。
仲のいい夫婦が長年一緒にいると雰囲気や顔まで似てくるのはそのせいだ。
これが釣り合いが取れなかったりあまりにも高さや種類が違ってくると、一方がエネルギ-を吸われるだけになったり逆に悪しきエネルギーを注入されたりする。
恋愛ではすでにコードが繋がっているから、そのパイプを通って波動や念も繋がる。

物理的な接触が一番ダイレクトなエネルギー交換だが、離れていても電話やメール、あるいは思っただけで気脈は通じる。
好きという感情は念としてはかなり強く嫉妬や憎悪と同様生霊になって相手に飛ぶ場合がある。
相手の幸せや相手の立場を思いやる「愛」では高次のエネルギーとなるが、相手にお構いなく好きだ、独占したいというエゴが主となる感情は執着になりしばしば生霊になって飛ぶ。

一番厄介なのはストーカーで相手の方は知らなくても四六時中監視して考えているのでその執着たるや強烈だ。
物の怪のような生霊になって相手の体をぐるぐる巻きにしてしまう。
ストーカーになる人間は最早相手と接触しなくても自分の執念という強力なエネルギーを飛ばし続けるから、相手の方も普通の精神状態ではなくなってしまう。
大抵ストーカーされた方もした方も無傷ではいられない。

ストーカーまでならなくても恋愛が終わる時には大なり小なり交換したエネルギーの清算が必要になる。
相手の執着が強いと生霊となって取り憑き、DVの恋愛などは逃げ出そうと思っても加害者の執着が強く接触を持ったりメールを見ただけでもパイプが繋がるし、相手に恐怖を感じただけで生霊が飛んでくる。
相手の事を気にするというのは閉じていたパイプを開けるという事なので、ストーカーがメールを送り付けるとそれを見て相手の事を考えてしまいいつまでも繋がって生霊を送られる訳だ。

私も実は長い間生霊に乗られていて大変な目にあった。
生霊が乗ると首や肩が痛くなったり常に凝って重たくなる。
夜も眠れなくなって何度も目が覚め気分が塞ぎ鬱状態になる。
仕事や人間関係もうまく行かなくなって運気が下がり、メンタルも体も不調になった。
最後には私もおかしいと分かって霊能者に見てもらったら強力な生霊に乗られていた。
私は相手が分かっていて、自分からパイプを繋げてしまったところがあったので後から考えたら呼び込んでしまった部分があったと思う。

私の場合は複雑な事情があったが、愛憎という言葉通り愛と憎しみは最強の執着で生霊になりやすい。
一方的に生霊を飛ばされるのはかなわないが、大抵は飛ばされる方にも知らずにパイプを繋げてしまったことがあったりして、結局はそれも人生でクリアしなければならない課題だったのかもしれない。

もし生霊に憑かれていると思った場合は相手に貰った物は念が入っているので一切処分し、特に髪は念が付きやすいので注意をした方がよい。
しばしば別れた相手の髪の毛が部屋に落ちていたりすることがあるが、それは生霊を飛ばされている可能性がある。
失恋したり別れたら髪を切ってさっぱりするというのはとても理にかなっているのだ。

死霊より生霊が怖いと言うがその通りで、取り憑かれると洗脳状態にまでなってしまう。
特に恋愛絡みは好きや嫉妬という気持ちが執着になるので生霊が飛びやすい。
恋愛エネルギー交換でお互いの思念をエネルギーと一緒に送るので、付き合う前に相手をよく見極め執着が強かったり精神状態が不安定な人は避けた方がよいだろう。


 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

人気記事ランキング

最新記事

カテゴリ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

月別アーカイブ

プライバシーポリシー

タグ

メール送信

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

人気ブログランキング