ユター沖縄 ・2

2018–12–15 (Sat) 15:35
沖縄で斎場御嶽へ行った翌日は、宿から紹介されたユタの所へ行った。
沖縄のユタは有名だが、家系的な由緒正しいユタもいれば亜流でもユタを名乗っている人もいるようだ。
知名度も料金もピンキリだが宿の主人曰く「ネットに出ているようなユタは本物じゃない」そうだ。

私が紹介されたのは30分3000円で常識的な料金設定だったし、国際通りでひっそりとやっている人だった。
初めてユタに見てもらったが、確かにかなり見えているようだった。
早口で目が半眼になりどこかからダウンロードしている。
質問の内容に答えてくれたが、これからの人生についても時期的なものをかなり具体的に見てくれた。
体のスキャンも出来ているようだし、寿命も見ると言っていた。
聞かれれば厳しいこともきちんと答える主義だそうだ。

私が信頼している陰陽師やアカシックリーディングの女性とほぼ同じことを言っていたので、本物の霊能者だと思った。
代々沖縄の礼拝所で拝む女性の血筋だと言っていた。
まさしく沖縄の正統派ユタなのだろう。
何処と繋がって降ろしてくるのかはわからなかったが、沖縄の祖霊神を通じて降ろしているのかもしれない。
東京へも出張で行くと言っていたから、その筋では知られているようだった。

ユタの後は平和祈念公園へ行ってみたが、そこでおびただしい慰霊の石碑をみて言葉を失った。
沖縄戦で亡くなった人の名前が全員刻まれていたのだ。
全国各地から沖縄で戦死した人が全て出身地ごとに記名されている。
名前が刻まれた壮大な数の石碑が海を見下ろす公園の丘に林立していた。
それを見た時に私は、沖縄はまだ戦争を忘れていないのだと胸が痛くなった。
圧倒されてしまい全部の場所を見ることはできなかったが、あの果てしない石碑群が沖縄の人々の今も続く戦後とアメリカ軍と共存する苦しみを訴えている。
修学旅行生が多数来ていたが、最近はもう戦争の惨禍も教えられない彼らが実体験として戦争がどれほどの悲劇なのかを実感してほしいものだ。

私は何度か沖縄は訪れている。
一番最初に行った時に道路の横を延々と続く鉄条網にショックを受けた。
今回平和祈念公園を訪ねることが出来て、改めて沖縄の苦しみを直視するのが日本人の務めなのだと考えている。

折しも昨日辺野古に政府が土砂の投入を始めた。
私が泊った宿には60代の男性が二人、手弁当で辺野古の座り込みに本土から来て宿泊をしていた。
心ある日本人ならあの美しい海を汚したくないはずだ。
辺野古に基地を作りたがっているのは日本政府と利権を貪る連中だけだ。
オバマ大統領がグアムへ移すと言ったのを止めたのは日本側なのだから。

沖縄は琉球王国の時から神が宿る聖地だ。
何度日本政府はそこを踏みにじれば気が済むのだろう。
美しい海を潰すのは沖縄の神への冒涜だ。


R0011819.jpg R0011806.jpg





斎場御嶽(セーファウタキ)―沖縄 ・1

2018–12–14 (Fri) 14:57
沖縄へ行ってきた。
ここ二か月ほど低迷していたのだがやっと調子が戻ってきたので、気分転換に行ってみた。
3泊4日で幾つか回ったが、一番の目的は沖縄最高の聖地である「斎場御嶽(セーファウタキ)」へ行くことだった。

ここは8年ほど前一度行ったことがあるが、その時はまだこんなにスピリチュアル的ではなかったのでさらりと観光で寄っただけだった。
しかし、今回はやはり違った。
そもそも10日ほど前に突然沖縄へ行こうと思い立ち、するすると行けることになったので道はついていたのかもしれない。

生憎沖縄は連日雨模様だったらしいが、斎場御嶽へ行く時は雨も上がっていた。
御嶽へ続く坂道を上って行く時に、もう何種類かの蝶が飛んでいた。
受付で短い案内の動画を見てからまた結構な坂を上るのだが、いくつかの礼拝所に参り最後に有名な三角形の空間を作る岩の広場のような場所に出た。
やはり、空気感が違う。
その三庫理という拝所の岩はエネルギーが強くて、下手に触ると酔ってしまうということも聞いた。
確かに写真を撮ると凄いエネルギーが出ているのが分かる。
そこをくぐると神の降り立った久高島が見える遥拝所と呼ばれる場所がある。

私が一番エネルギーを感じたのは、三角形の空間を通して遥拝所から吹いてくる強い風だった。
風に当たっていると全身が浄化されエネルギーチャージされるような気がして、しばらく動けなかった。
かなり枯渇していたエネルギーをチャージしてもらったと思っている。
そこで三角形の空間を写メに取ると、やはり神聖な場所に行くと撮れるような光の感じだった。

蛇足だがネットを調べていたらその三角形の空間を写メに取ると、その人の霊感の有無が分かるそうだ。
中にはオーブが写る人もいるし不思議な写真が撮れる人もいるそうだ。
最近は逆光のフレアやゴーストを龍神や神様と決めつける向きもあり、そんなFBのスピリチュアルグループに入って辟易してしまったが、ここはそれを超越してエネルギーを感じる場所なので何が撮れても不思議ではないとは思ってしまった。

岩肌に触れてみたいという誘惑に駆られたが、今回はまだ早いと思って遠慮しておいた。
必ずまた来るだろうと感じたので、その時にしようと思っている。

斎場御嶽は地元の人でも、行こうと思っても行けない時があるそうだ。
だから神社と同じであちらから呼んでくれるのかもしれない。
今回10日前突然行きたいと思ってあっという間に実現したのは、やはり今の私には必要な場所だったのだろう。
パワーチャージという言葉が頭にあったから、後ろの誰かが行かせてくれたのか、呼んでくれたのかとも思う。
帰りの坂道ではトカゲが目の前に現れた。
神遣いのトカゲまで見られたので、来て本当に良かったと思った。

一番不思議だったのは、帰る日に飛行機に乗って離陸寸前のところでスマホに斎場御嶽の画像が送られてきたことだった。
私が知り合いに送っていたものだが、それがまた転送されてきたようだ。
送った本人も「あれ、間違えたかな?」と言っていたがあまりの偶然に鳥肌が立った。

私にとって今回の斎場御嶽はとても意味のある場所だったのは間違いない。


DSC_0463.jpg DSC_0458.jpg 00250002.jpg DSC_0474.jpg





メンタルを病むスピリチュアル ・3

2018–12–09 (Sun) 17:25
メンタルを病むことについてスピリチュアル視点から書いてきたが、精神疾患と判定されなくてもいわゆる依存や洗脳という形で現れる場合もある。
「鰯の頭も信心から」「信じる者は救われる」とは信仰をいい方に解釈した諺だが、これは悪い方に振れると洗脳された状態になる。
洗脳は心理学的には説明がついているが、実は新興宗教やカルトでは教祖の後ろに憑いた闇の物の怪が信者達に一種の憑依現象を起こしている場合がある。

依存心が強い人は不安や恐れを持つと何かにすがったり安心したいために、信仰やスピリチュアルに入っていく傾向がある。
特定の占い師や霊能者に困り事を定期的に見てもらうくらいはまだいいが、中には明らかに依存して金品を捧げ毎日の着る服や行動まで占い師にお伺いを立てる異常な事例もある。
億単位のお金をつぎ込んだり生活さえ占い師の言いなりになっていた芸能人もいた。
中には自分の式神のようなものをお客に憑けて意のままに操る悪徳霊能者などもいるから、洗脳なのか憑依なのかわからない場合もあるようだ。

しかし依存し洗脳された人達も普通の生活をして仕事もしていたりすると、鬱のようにメンタルを病んでいることがはっきりわかるわけではない。
何が正常で何が異常なのかの判断はつきかねるし、信仰か洗脳かという見極めも周りに迷惑をかけたり犯罪に抵触しない限りは、洗脳と思えても本人の自由だ。

一番問題なのはカルトでは集団で教祖に洗脳されて非社会的行動をした場合で、オウム真理教などはそれに当たる。
鬱病や統合失調症は普通の社会生活を営めなくなるが、カルトに洗脳されても普通に会社勤めをしていたり家庭を持って生活している人もいるので、洗脳でメンタルを病むとは言えないのかもしれない。
洗脳という憑依が取れた時初めて自分はメンタルをやられていたのだと気が付くが、解けない限りは本人の中では正常なのだ。

カルトとは言わなくても、怪しげな自称スピリチュアルリーダーや自己啓発のカリスマはいる。
講演やイベントではスピ人間が全国から大挙して押し寄せるが、引き寄せられる人は殆ど依存と洗脳の一歩手前でメンタルは危ないような気がする。
人気ミュージシャンに夢中になって追いかけるのと行動様式は一緒だが、音楽を聴くだけなら洗脳されないがスピリチュアルや自己啓発の教祖だと言われたことがそのまま頭に刷り込まれ信者になってしまう。

スピリチュアル教祖は後ろに何らかの強大な背後霊を憑けている。
心に忍び込んだり憑依したり、引き寄せておくためには見えない世界の力が働いている。

スピにはまり追いかけて洗脳されその末に待っているものは、メンタルを病んで社会からドロップアウトした自分かもしれない。


5909da597d9c6d304691b5d33260d370_s.jpg





メンタルを病むスピリチュアル ・ 2

2018–12–08 (Sat) 17:42
占いやカウンセリングをやっているとメンタルを病んでいる人がお客としてくることが多い。
私は副業とまで言えない程度だが、それでも一時集中的に来た人は鬱病、虐待、近親憎悪というヘビーな人達が多かった。
ヘビー過ぎてもう無理だと思ったらパタリと来なくなったが、それでも偶然知り合って相談に乗ったり、友人のカフェで助っ人で視たりしていると、ほぼほぼそういう背景を持っている人が来る。

これは自分でも判っているのだが、無条件にそういう人も受け入れる脇の甘さがあって相手は元気になるがこちらは疲れ切ってしまうというパターンなのは、私がビジネスに出来ない部分があるからだ。
最近もある場所で行きがかり上二人の男性を視たが、一見普通でもどちらも鬱病の長い病歴を持っており社会生活からドロップアウトしていた。
人に言えないことも鑑定では聞くことになる。

どちらも鬱病の原因は家系的な因縁にあって、それもかなり深刻でお祓いや除霊でどうなるものでもない重く複雑なものだった。
生まれた時から持ってきているもので、因縁という悪霊を憑けて生まれてきたような状態ともいえる。
何かのトリガーでその憑依現象が発動すると、鬱や統合失調症が始まるのだろう。

一族で代々一人はもろにその因果を引き受ける人間がいる。
おかげで他の兄弟などは少しは影響が軽減されるのだが、それでもメンタルを病んだり依存症になったりは多いようだ。
今までもそういうケースを何人か観たが、精神疾患で社会生活を営めないような状態になる人は、生まれた時から憑依されているので一体化しており、無理に入っている憑依霊を取ると本人自身が廃人になってしまう危険性もあるようだ。

経験的にメンタルを病んだ人の家系や先祖の話を聞くと、おどろおどろしい場合が多い。
精神疾患だけではなく自殺、早死、病気、色情因縁、依存症などが多く出る家系は、殆ど深い宿業を持った家系だと考えていい。
そして業が積み重なり負の連鎖になるので、もはや本人だけを除霊しても無理という状態になる。

何とも気の毒な話だが、スピリチュアル的に言えば選んでその家に生まれて来たのなら、カルマ解消をしていかなければならない本人の魂の修行でもある。
御本人達にはまず自分の責任でない部分もあるのを理解して貰うのが第一歩だと思う。

勿論誤解のないように書いておくが、メンタルを病んでいる人が全て見えない世界の影響を受けていると言っているわけではない。
誰でも心が弱ったり折れて鬱病になることもあるだろうし、適切な治療で再発せず回復する人も多いだろう。

ただ何度も繰り返したりあまりにも度合いがひどい場合は、見えない世界の影響があるかもしれないということだ。
話を聞けば布団から出られなかったり何度も自殺しかけたり、逆に過激な行動に出て警察沙汰になったりと壮絶な病歴の鬱病患者もいる。
しかし皆普通に戻りたいと願っているのは同じだから、色々な視点から病気を考え原因を探り、もし家系的なものもあるのなら受け入れそれと向き合って超えていくしかないのだと思う。


be9d5030e21aaf842172fbca2a080b23_s.jpg





メンタルを病むスピリチュアル ・ 1

2018–12–07 (Fri) 16:31
世の中、メンタルを病んでいる人は多い。

特にスピリチュアル関係では他の業種に比べて多いのではないだろうか。
現在ではなくても過去一度はそれ系の病歴を持っていたりするが、これは霊能力にまつわる様々な事象が発端となる場合も多い。
シャーマンになるためにかかる巫病(ふびょう)というのもあるし、単に霊能力があるために憑依されて霊障を受けたりして、皆心身ともに普通の人以上に苦労している。
その結果日常生活が困難になると「鬱病」「統合失調症」「双極性障害」という病名がつく。
また、宇宙由来の魂であるインディゴやクリスタルチルドレンもしばしば「アスペルガー」「ADHD」と間違われる特徴がある。

占い業界ではメンタルを病んでいる占い師がメンタルを病んでいるお客の鑑定をしているという、笑えない現実がある。
「癒しフェア」という大きなスピリチュアルの催し物に行ったときに、大勢の占い師や霊能者がいたが、あれは異形の世界だった。
中には一目で「イッている」という顔の人気占い師もいた。
実際毎日何人ものメンタルを病んだ人や悪霊に憑かれた人、ネガティブパワーを抱えた人を、エネルギーコードを繋げて視るのだから影響を受けないわけはない。

私もスピ系の知り合いが多いが、本業でやっている占い師も仕事にしていない霊能者も、ほぼ人並み以上の困難な生活を経験しているようだ。
自分で講座などを受け占い師になったり能力が開いた人はまだいいが、小さい頃から持っている人は幼少期からその能力故いじめられたり親に気味悪がられたり辛い目に遭っている。
長じても社会に馴染めなかったり普通の恋愛や結婚が出来なかったり、中には意図せずとも強力なパワーで周りの人間に影響を与えてしまったりして結局普通の職にとどまれずスピ業界へ来るのが多いようだ。

メンタルを病むことと霊能力の境界は曖昧だと感じる。
だからギリギリのところで占い師は鑑定している場合もあって、一歩間違えればミイラ取りがミイラになることもある。

霊能力は統合失調症と判断されることが多い。
声が聞こえる姿が見えるというのは、霊感がある人は経験がある。
それが日常的になり正常な判断力を失ったり人が変わってしまったりするとその病名がつくが、これは憑依現象や霊能力の暴走のケースもあるのではないだろうか。
私が知り合った「ある時神が降臨した人」は霊能力が開花して様々なものが分かるようになったが、高じて統合失調症と判断され何年か入院したと言っていた。
薬で抑えられるので、今は霊能者としてやっているそうだ。

スピリチュアル能力は諸刃の剣の部分がある。
普段は使わない第六感を使うのだから、相応のリスクもないとは言えない。
スピ講座などで大枚をはたいて霊能力を開こうという人も、いい事ばかりではないのは知っておいた方がいいのではないだろうか。


d3a1efc9816b4bbcf027fa0d5434836d_s.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR